【世界最強の保冷力】無敵のクーラーボックス!釣り・アウトドアにおすすめシマノ「アブソリュートフリーズ」

断熱パネルの断面画像
 
みらどり
2022年の春、総合釣具メーカーシマノさんがアウトドア・キャンプ用に発売した「アイスボックス」。既存の釣り用クーラーボックス「フィクセル」の色違いにもかかわらず、爆発的な人気商品となったのは記憶に新しいと思います。
わんだまん
( ´△`)アァ-…確か去年の夏にそんなような記事を書いてたね。保冷力の高い釣り用クーラーボックスを、キャンプ・アウトドア層をターゲットに「色を変えただけ」で品切れ続出のに人気商品になったんだよね〜♪
みらどり
型が同じで、あんなに売れたら…相当儲かったんだろうなぁ(シランケド)。と、邪推は置いといて笑。そんな釣具メーカーシマノさんが2023年の春、アウトドアモデルと言っても過言ではない?!2Lペットボトルを立てて収納出来る世界最強のクーラーボックスを新発売!その名も「アブソリュートフリーズ」…直訳すると「絶対に凍てつく」?!
わんだまん
えーーーΣ(゚ロ゚;)!!ダサっ爆笑!!
みらどり
(ー”ー;)コラコラ…ダサいとか言わないの💦。ネーミングはともかく、真空断熱パネルの厚さや面積(パネルカバー率)、上蓋の気密性…どれをとっても海外製の高級ブランドクーラーボックス(ウレタン断熱)と比べても「世界最強の保冷力」だと独断と偏見で断言致します(みらどり調べ)
わんだまん
お、今回の記事は自信ありそうだね!表題に【世界最強の保冷力?】って「?」が無いもの笑。
 
みらどり
ニヤッ( -᷄ ᴗ -᷅ )♪。過去にクーラーボックス関連の記事で保冷力にまつわる検証を色々やってきたけど、「アブソリュートフリーズ」はまさにその集大成!コレ以上のクーラーボックスは無いと言い切れるほどのキングオブクーラーボックス!。デメリットと言えば10kg近い自重と、価格も世界最高峰という点…💦。コスパは悪くても、一生モノのクーラーボックス…興味のある方はぜひ♬

ABSOLUTE FREEZE

アブソリュートフリーズ画像
アブソリュートフリーズ画像。

2022年の春にアウトドア層をターゲットに「アイスボックス」の発売を開始しておりますが、2021年9月には「ABSOLUTE FREEZE」の商標を出願しています。

アブソリュートフリーズ商標登録
引用元:ブランドテラスHPより

コロナ禍による世界的なアウトドアブームを背景に、よりキャンプ・アウトドアで使いやすい形状と、世界最強クラスの保冷力を有したアブソリュートフリーズ

既存の釣り用クーラーボックスの、

色違い(≖ˇωˇ≖​。)じー

…だったアイスボックスとは異なり、内容量と内寸をアウトドアに寄せた世界最強のレジャー用クーラーボックスとなりました!

アウトドア向けクーラーボックス

アイスボックスのデメリット
引用元:シマノHP アイスボックス特設サイトより

釣りで使うには背の高いクーラーボックスはデメリット(上下の温度差)もありますが、2Lのペットボトルを立てて収納出来る(40L)のは使用目的を選ばない万能形状。

初回生産分は白を基調とした保冷力重視(釣り向け)のラインナップですが、「みらどり」予測では自然に溶け込むアウトドアカラーもいずれ発表※になると考えます♪
※明らかにアウトドア向けのスペックなので、アイスボックス同様販路の違う所で発表になると思います(シランケド笑)。

総合釣具メーカーシマノさんが、本気でアウトドア向けのクーラーボックスを作るとこうなった…?!。

それでは実際に、釣りフェスティバル2023で現物をイジリ倒した「みらどり」のファーストインプレッションをご紹介していきたいと思います♪

水漏れし難い

高密閉なレバー採用

アブソリュートフリーズの一番の特徴は、上蓋の気密性UP!

ワンアクションで高密閉可能な独自レバーを採用し、軽い力で上蓋を押し付け(入力の1.8倍の力で引き込む)防水性をUPさせるオリジナル構造。

そのため、通常の防水パッキン(シリコン素材)では潰れに対しての反発が弱いので、耐久性と機密性がUPする新素材パッキン(EPDM)を採用。

水を容量の半分まで入れた状態で、60℃まで傾けても水漏れしないそうです!

津波のように押し寄せる水

通常は水を入れて運ぶと水漏れします
通常はクーラーボックスに水を入れて運ぶと水漏れします。このくらいの水位でも、車で移動中は上蓋の隙間に水が叩きつける事で漏水の原因となる。

もちろん、現実にはクーラーボックスを60℃に傾ける事はほとんどありませんが、釣りで使った場合には海水氷にして水を張った状態で魚を浸して持ち帰る事があると思います。

その状態のまま車で移動すると、走行中の振動があたかも地震のようにクーラーボックス内の水を揺らし、津波のように上蓋の隙間に打ち付けます。

これにより、上蓋の気密性の低いほとんどのクーラーボックスは水漏れを起こすのです。

魚の汁を吸った海水が車内に漏れたら…。

( •́ฅ•̀ )クサッ

もちろん、完全防水となったわけではありませんが、従来品と比べて格段に気密性がUPしているのは間違いなし♪

気密性=保冷力( ᐛ )و

…は、過去記事で検証済みです!

完全防水ではありません

フィクセル90水漏れ画像
クレームレベルの水漏れ案件💦。通常のクーラーボックスはここまで酷くはありませんが、ほとんどのクーラーボックには水漏れに関しての注意書きがあるはずです。

従来のクーラーボックスは、注意書きにもありますが「完全防水」では無いので水を入れて運ぶと基本的には水漏れします。

シマノカスタマーセンターにも、このような記載があるのでご参照下さい👇

シマノカスタマーセンター よくあるご質問

Q.クーラーは水漏れするのですか。
A.クーラーは保冷力の為に気密性を高めてはおりますが、完全防水ではございません。従いましてクーラーに水を入れて運ぶ際に傾けたり、激しく振動させると水漏れの恐れがございます。車のトランク等に収納時の水漏れには十分ご注意ください。ビニール袋に入れるか、トランクトレー、タックルトートバッグとの併用をお勧めいたします。
また、内部温度と外気温との差が大きいときには、水栓や側面周辺等に結露し水滴が付く場合があります。

引用元:シマノカスタマーセンターHP ご回答より

過去の検証記事※にもありますが、目で確認出来るほどの隙間があるモデルもあるので注意が必要でした。
【要確認】もはや不良品?!シマノフィクセル90の水漏れを止めたら保冷力が80%UPした件

また長年クーラーボックスを使っていると、パッキンの劣化で上蓋の気密性が落ち、保冷力が落ちている事も…。

補修方法についてはコチラの記事をご参照下さい👇

関連記事

 みらどり 今回は20年前に購入した、ダイワ真空5面パネルクーラーボックスの簡単な水漏れ補修について検証してみました。スチロールやウレタン断熱材と異なり、理論上は本体に穴が開かない限り断熱性能は劣化しない「真空パネル」ですが、[…]

クーラーボックスパッキン補修で保冷力UP

クーラーボックスの水漏れという欠点を、高レベルで改善したのがアブソリュートフリーズです!

上蓋の気密性UP

リッドレバーで強力密閉
強力に密閉可能な新構造!

クーラーボックスの上蓋は、四隅が浮きやすい(隙間が生じやすい)のはプラスチック成形である以上致し方有りません。

本来なら、昔のクーラーボックスのようにフロント2箇所でロックするのがベスト。

しかし、最近のクーラーボックスは片手で簡単に開閉可能なセンターロックが主流となりました。

ワンアクションでも実際は中央2箇所でロックしています。

しかし、若干押さえつける力が弱いので、四隅の気密性に問題があり保冷力が落ちているモデルも…。

それを改善したのが、アブソリュートフリーズの新しいロック機構。

現行品のレバーに比べ、レバー比を従来モデルの約5.2倍に増強(シマノ比)。

それにより、入力の1.8倍のちから出引き込むことが出来るので、軽い力で気密性を上げることに成功しています。

その代償として、上蓋が複雑になりパーツ点数が増えて販売価格が跳ね上がったとか…💦。

実物を触る機会があれば、ぜひとも開閉してご確認下さい!

抜群の気密性を実感できると思いますョ♪

高耐久パッキンEPDM

車のドアシールEPDM
車のドアシールで使用されているEPDM。車のドアから隙間風…ありませんよね?

さらに、従来より強く上蓋を押さえつけるので、パッキンも潰された状態で反発力を維持するEPDM(エチレンプロピレンジエンジエンゴム)を採用。

自動車用ドアシールに使われている素材で、強く押し込んだあとの反発が下がるシリコンと比べ、一定の反発力を維持するので密閉性UP!

毎日乗り降りする車のドアシール素材だから、耐久性も抜群です。

もちろん、ゴムである以上劣化しない素材はありませんが、クーラーボックスのパッキンは簡単に交換可能。

20年後もかわらぬ気密性を維持できる

…と盲信している「みらどり」です笑。

アブソリュートフリーズの防水パッキンEPDM
アブソリュートフリーズの防水パッキンEPDM。耐久性は自動車用ドアパッキンで実証済み♪

気密性=保冷力

どんなに最強の真空断熱材を使用しても、クーラーボックスに隙間があれば本末転倒です!

外気温が40℃を超える自動車の中で保冷力検証を行った際、気密性の低いクーラーボックス(真空パネル採用)は庫内温度がなかなか下がりませんでした。

隙間風の吹き込む我が家(ー”ー;)

…と同じように、保冷力はガタ落ちです笑。

新品の状態なら上蓋パッキンに隙間はないと思いますが(初期不良レベルの隙間のあいた商品もありますケド💦)、断熱素材以上に重要なパーツです!。

保冷力最強のクーラーボックスに、気密性は欠かせません♬

最強の断熱材「極厚真空パネル」

極厚真空パネルの断面図
フィクセルウルトラプレミアム極厚真空パネルの断面図。隙間はウレタンフォームで埋めてあります。

もともと釣り用クーラーボックスが保冷力最強と呼ばれる理由に、断熱素材の違いがあげられます。

海外製のブランドクーラーボックスには、極厚発泡ポリウレタンが採用されている事が多いのですが、同じ厚さなら真空パネルの熱伝導率はとても低く高性能!

アウトドアブランドで人気のあるコールマン 54QTスチールベルトクーラーや、お高いYETI タンドラ 35などの断熱素材はウレタンフォーム(発泡ポリウレタン)です。

また、とても高価なスノーピーク ハードロッククーラー 40QT、 人気急上昇中のORCA 26QTも断熱材ですらウレタンフォームと記載があります。

断熱素材熱伝導率(W/m・K)密度(g/cm3)
真空パネル0.002〜0.008
発泡ポリウレタン0.020〜0.0300.025〜0.035
発泡ポリスチレン0.034〜0.0400.020〜0.030
空気0.025(20℃)0.001205(20℃)
0.6(20℃)0.998(20℃)
熱伝導率は製造技術により差があります。

保冷力は、断熱素材の熱伝導率と断熱材の厚さに比例しいますが、最強の真空パネルを極厚で使用したアブソリュートフリーズがまさに無敵なのはこの為です♪

熱伝導率0.002〜0.008

アブソリュートフリーズも、アイテムによってはウレタンフォームを採用していますが、世界最強は6面真空極厚パネル採用のウルトラプレミアムだけ!

断熱性能の高い真空パネルを極厚にする事で、海外製クーラーボックスのように外寸を大きくする事なく保冷力を最大限上げる事が出来るのです。

また、ウレタンフォーム採用モデルでも、軽い力で高い機密性を確保できる※アブソリュートフリーズの扱いやすさは格別です♪。
※上蓋の開閉に強い力が必要な海外製クーラーボックスもあるのでご注意下さい。

詳しくはこちらの記事をご参照下さい👇

関連記事

 みらどり 最強の保冷力と言えるクーラーボックスは、極厚真空パネルを採用した釣り用クーラーボックスなのは間違いありませんが、アウトドアレジャーで使われるキャンプ用クーラーボックスと比較をしてみました。その結果、クーラーボックス[…]

各種クーラーボックス画像

冷蔵庫から転用

アイリスオオヤマHUGELクーラーボックス
引用元:アイリスオーヤマ公式通販サイト【アイリスプラザ】より

ちなみに、冷蔵庫並の保冷力(JIS規格で0〜10℃)を維持する真空パネル採用のクーラーボックス。

実はホンモノの冷蔵庫の断熱材として使用されている真空パネルを転用しているそうです。

家電メーカー「アイリスオーヤマ」さんが2022年7月29日に発売した、お求めやすい価格の「HUGEL 真空断熱クーラーボックス VITC-20、VITC-40」。

メーカーに問い合わせた所、冷蔵庫の中を外気から断熱する為に使用している真空パネルを転用しているそうです。

シマノ・ダイワさんのクーラーボックスがどうかは知りませんが、冷蔵庫並みの保冷力を得るには真空パネルが絶対条件!

世界最強の保冷力は必要ない…という方は、HUGEL 真空断熱クーラーボックス VITC-20、VITC-40がおすすめです♪

釣り用以外に、キャンプ・レジャー用クーラーボックスで真空6面パネルの採用された希少なモデルです♬。極厚真空パネルではなさそうなので、最強とは言えませんがお求めやすい価格帯なので背の高いクーラーボックスが欲しい方にオススメです!
\タイムセール祭り開催中♪/
Amazon
コスパに優れた保冷力抜群のクーラーボックスをお探しなら、ぜひ一度ご確認下さい!6面真空パネルを採用しこの価格は釣り用と比較してもお買い得です♫。最強…!とは言いませんが、格下の断熱材を使用した海外製のクーラーボックスとは比較にならない熱伝導率の低い真空断熱パネル採用のNEWモデルです♫
\タイムセール祭り開催中♪/
Amazon

キャンプ・アウトドアに最適

座ってもOKな堅牢ボディ
引用元:シマノ公式HP アブソリュートフリーズより

総合釣具メーカー「シマノ」さんの、いままでの釣り用クーラーボックスには無い新設計のアブソリュートフリーズ。

釣りだけでなく、キャンプ・アウトドアでの使いやすさが抜群に向上しています!

2Lペットボトルを立てて入れられる内寸や、片手で簡単に開閉可能な気密性の高いロック方式(両面開き)、使いやすくて水の抜け具合が良くなったワンアクション水栓などなど…。

1台あれば、釣りも・キャンプもアウトドアにも最適な利便性の高い設計となりました♪

2Lペットボトルが立つ

アブソリュートフリーズ内寸
引用元:シマノ公式HP アブソリュートフリーズより

釣り用クーラーは、釣りたて新鮮な魚の鮮度を落とさないため、なるべく背の低い寸法がベストです。

冷たい空気は下にたまる

…というのがその理由ですが、同じ容量なら魚を曲げずに入れられるよう細長く設計するのも要因の1つ。

従来の釣り用クーラーボックスをアウトドアで使用する際、不便に感じるのがペットボトル問題でした。

今回発売されたアブソリュート フリーズは、完全にアウトドアに寄せています笑。

しっかりと2Lのペットボトルを立たせる事を前提とした内寸、当然720mlのワインボトルだって余裕で入るので安心です(ナニが笑?)♪

便利なワンアクション水抜き栓

シマノ ワンアクション水栓
引用元:シマノ公式HP シマノ ワンアクション水栓より

釣り用クーラーでは常識のワンアクション水栓(シマノさんの特許が切れたので、今後は各社が採用すると思います)。

くるくると手間のかかるネジ式の水抜き栓をまわすのとはワケが違います♪

さらに段差をなくした水抜き栓構造で排水性を向上させ、クーラーボックスを洗った際に最後までスッキリ水を流せます。

使って洗うたびに必ず水栓を外すので、細かいようでもストレスが減るのは間違いありませんネ。

片手で開閉可能なリッドレバー

操作しやすいリッドレバー
引用元:シマノ公式HP アブソリュートフリーズより

食材を出し入れする際、ついつい上蓋をロックし忘れる…。

気密性は保冷力に直結するので、短時間でも上蓋はロックしたほうが食材が痛みません。

海外製のガッチリした2ロック式と異なり、その都度しっかりと上蓋をロックする事が可能なラップトップレバーは超快適♬

女性の力でも、「カチッ」と気密性を損なわず蓋の開閉が可能です。

また従来のレバーとは異なり、グローブをしたままでも操作しやすい大型のレバー形状と利便性にも優れています!。

アウトドアを意識した新設計

このように、釣りに限らず完全にキャンプ・アウトドアに寄せてきたアブソリュートフリーズ♬

カラーラインナップこそ保冷力重視の白がメインですが、近い将来アイスボックスのようなアウトドアカラーを出すのは間違いない?!

釣りのジャンルとは別の販路(アウトドア系)で、近いうちに発表になると予測しています。

コールマンやスノーピーク、ORCAやYETIにアウトドアでも決して負けないレジャー用クーラーボックスを、総合釣具メーカーシマノが本気で作ったのがアブソリュート フリーズです♪

アブソリュート フリーズのラインナップ

断熱パネルの断面画像

気密性や使い易さを向上したアブソリュートフリーズですが、保冷力を左右する断熱素材はモデル毎に異なります。

最上位機種のウルトラプレミアムに関しては、価格設定は

強気の10万超えΣ(゚ロ゚;)

どのモデルを選ぶかはお財布と相談するしかありませんが、世界最強はなんと言ってもウルトラプレミアム!。

経時変化により保冷力の落ちる発泡ウレタンや発泡ポリスチレンより、穴さえ開かなければ経年劣化しない真空パネルがおすすめです。

シマノカスタマーセンター よくあるご質問

Q:真空パネルの耐用年数は何年間ですか。
A:真空パネルは、破損さえなければ、経年劣化はほぼございません。強い衝撃を与えると破れたり破損する可能性はございます。
またペットボトルを入れる際に、手が滑った程度の衝撃(※高い位置から落とせば別です)でしたら、こちらもほぼ問題ございません。安心してご使用ください。

引用元:シマノカスタマーセンターHP ご回答より

ウルトラプレミアム

ウルトラプレミアム6面真空の断面
ウルトラプレミアム6面真空パネルの断面。写真はフィクセルのモノですが、真空パネルの隙間をウレタンで埋めているのがわかると思います。

上面・側面・底面のすべてに極厚真空パネルを採用した最上級モデルです!

現存するクーラーボックスの中で無敵の保冷力を実現しています。

各極厚真空パネルの隙間に発泡ウレタンを流し込み(改造不要)、32LでICE値123h、40LでICE値143hの断熱オバケ笑。

ICE値123hの32Lでも、ちゃんとした保冷剤(容量の20%の保冷剤)を入れると、冷蔵庫の規格温度(0〜10℃以下)を約50時間以上はキープする事が可能です(過去のICE値検証記事より計算)!

真空パネルは一生モノと考えれば、清水の舞台から飛び降りても問題なさそうです笑♪。

ちなみに、この展示は釣りフェスティバル2023にて撮影したものですが、定価7万円のフィクセルウルトラプレミアムを、5万円かけて真っ二つにしたそうです…。

リミテッド

リミテッドの3面一体型真空パネルの断面
リミテッドの3面一体型真空パネルの断面。写真はフィクセル断面ですが、1枚のシンクパネルを側面から底部にかけて巻いているのが見て取れます。真空パネルの側面のカバー率が低いですね。

側面と底面に一体型の真空パネルを配置した3面真空パネルモデル。

3面といっても、地面からの熱を効果的に遮断し、パネル面積の広い3箇所を断熱するので保冷力には優れています。

シマノさんは、上蓋の断熱はそれほど重要ではないとおっしゃっていましたが、ウルトラリミテッドとの保冷力の差は明らかです。

どうせ買うなら、リミテッドよりウルトラプレミアムを選んだ方が保冷力の劣化を考慮しても資産価値はあると思います♪

ベイシス

ベイシス発泡ウレタンの断面
フィクセルベイシスの発泡ウレタンの断面。上蓋が発泡ポリスチレンで、側面・底面に発泡ウレタンが隙間なく埋まっているのがわかります。

海外製のブランドクーラーボックス同様の発泡ウレタンを採用した、真空パネル無しのモデル。

アウトドアブランドの高保冷力クーラーボックスに比べ、ウレタンの厚さが薄いので保冷力は劣ります(設計上、真空パネルを入れてはじめて高保冷力となります)。

ICE値は60時間以上あるので、1日使うには十分な保冷力だと思います。

しかし真夏で外気温が高く、直射日光の当たる炎天下ではベイシスだと上位2機種に比べて格段に氷が溶けるのは早くなります。

そのかわり、販売価格は抑えられているので、直射日光の当たらない場所に置くならアリかも知れません。

それでも水漏れし難い気密性はあるので、同価格帯の他社製クーラーボックスよりは扱いやすさ・性能面では優れていると思います。

ライト

フィクセルライト発泡ポリスチレンの断面
フィクセルライト発泡ポリスチレンの断面。いわゆる発泡スチロールの断熱パネルです。お魚屋さんの発泡コンテナよりは発泡密度が高いので保冷力はそこそこあります。

真空パネル無しの発泡ポリスチレンモデル。

保冷力だけ考えたら、アイリスオオヤマのお求めやすい6面真空パネル「HUGEL」の方が断然高いと思います。

しかし…使いやすさで考えたら…コスパは悪いですが…アブソリュートフリーズのライトモデルも…悪くはないと思います(クルシイ)💦。

忖度抜きで言うと…「みらどり」は買いませんケド(´>∀<`)ゝ♪

ABSOLUTE FREEZE 価格表

容量(L)本体価格(円)ICE値(h)
ABSOLUTE FREEZE URTRA PREMIUM40112000143
ABSOLUTE FREEZE URTRA PREMIUM32109000123
ABSOLUTE FREEZE URTRA LIMITED4086000110
ABSOLUTE FREEZE URTRA LIMITED3283000100
ABSOLUTE FREEZE URTRA BASIS405000068
ABSOLUTE FREEZE URTRA BASIS324900064
ABSOLUTE FREEZE URTRA LIGHT404400058
ABSOLUTE FREEZE URTRA LIGHT324300054
シマノ アブソリュート フリーズスペック表

発売は3月〜4月となりますが、各小売店では予約を開始しております。

アイスボックスの時には、売り切れ続出で3ヶ月待ちの事もありました。

実勢価格はコチラにてご確認下さい👇

氷・保冷剤がなければただの箱

保冷剤の種類
様々なタイプの保冷剤があります♪

世界最強の保冷力を持つアブソリュートフリーズですが、適切な氷・保冷剤を入れなければただのボックスです。

一般的には、クーラーボックス容量の20%の氷が必要となります(40Lのクーラーボックスなら8Lの保冷剤が標準。コンビニの板氷が約1.7Lなので4枚)。

保冷力の高いクーラーボックスなら、外気温の影響や庫内温度を10℃以下にキープさせたい時間によっては10%の保冷剤でも間に合います。

クーラーボックスの大きさを選ぶ際には、必要な保冷剤の量も考慮する必要があるのです。

また、ただの氷や0℃保冷剤から、-5℃〜-16℃という融点の異なる保冷剤もあるので、

アイスを溶かさず運びたい🍦

…という時は、氷ではなく氷点下保冷剤を使用する必要があります。

氷と保冷剤の違いについて疑問に感じた方は、こちらの記事をご参照下さい👇

関連記事

いのた ヾ(゚∀゚`o)ネェネェ!クーラーボックスを冷やすのに「おすすめの保冷剤」とか「最強の保冷剤」とかイロイロ紹介されてるけど、ぶっちゃけ氷と比較してそんなに違いがあるの?   みらどり いい質問だね、いのたさん♪[…]

保冷剤検証

デメリット

最後に、表題で少し触れたアブソリュートフリーズの価格以外のデメリットを1つ。

空の状態でもクソ重い(ー”ー;)

真空パネルが重いのは前々からわかっておりましたが、実際に持ってみると…もう保冷剤や食材入れたっけ?と勘違いするほどの自重があります💦。

ウルトラプレミアムの40Lで自重は9.9kg!!

価格も自重も重いアブソリュートフリーズ…最強の保冷力を手に入れる為にはそれなりの「覚悟」も必要です笑♪

世界最強のクーラーボックスが欲しいなら

 
みらどり
釣り・キャンプ・アウトドアで最強のクーラーボックス「アブソリュートフリーズ」のご紹介でした♪世界最強の保冷力を誇るのは、価格も最上級「ウルトラプレミアム」になりますが、一生モノと考えれば決して高くないと思います。
わんだまん
ヾノㅇㅁㅇ;;)イヤイヤ、高くない事はないでしょ!目玉が飛び出るほど高いっす…。そもそも100時間を超える保冷力のクーラーボックスなんて必要あるの?!
みらどり
いや、ごもっとも(´>∀<`)ゝ。必要あるかないかを聞かれたら…「日帰りならまず必要ないね笑」でも、クーラーボックスマニアとしては何としても手に入れて保冷力検証してみたいのよね!出来ればこのサイトの収入で…。
わんだまん
えーーーΣ(゚ロ゚;)!!そんなの待ってたら、1年経っても買えないじゃん笑。
みらどり
そんな事言うなし…(TT)。

クーラーボックスの保冷性能を決定付ける、気密性断熱性能

さらに水抜き栓の使いやすさや、座っても壊れない堅牢性、2Lペットボトルを立てて収納できる利便性など、保冷力だけが最強だった従来の釣り用クーラーボックスには無いメリットが多数盛り込まれました♪

保冷力・水漏れし難い・ワンタッチで開閉可能な使いやすさ・釣りもキャンプ・アウトドアもこなせる内寸…。

これらの複合的要素を持ち合わせる「アブソリュートフリーズ」は、世界最強のクーラーボックスだと独断と偏見で断言致します(シランケド笑)!。

ただし、お値段も最強なのでコスパに優れているとは言えません…💦。

コストパフォーマンスだけ考えれば、前述の家電メーカー「アイリスオオヤマ」さんの6面真空パネル採用HUGELが断然おすすめです。

あくまでも世界最強を求めるなら…、アブソリュート フリーズ ウルトラプレミアム一択となります!

アブソリュートフリーズで、

絶対に凍てついて(直訳)

…みてはいかがでしょうか笑?

最後までお付き合いいただき、ありがとうございまました!
(:D)┓ペコリンチョ

10万超えのアブソリュートフリーズプレミアムを、ポイントサイト報酬でゲット出来るとしたら…コチラの記事をご確認下さい👇

関連記事

※手出しゼロとは、ポイントサイトで貯めたポイントを現金化し、その報酬でステラを買う事を指します。ポイントを獲得するためのコストは掛かりますし、あくまで個人の体験記。必ず同様のポイントが入る事をお約束する記事ではございませんので予めご了承下[…]

ポイントサイトハピタスでお小遣い稼ぎ

当サイトはリンクフリーです

当サイトは管理人の許可なくリンクを張って頂いてもOKです。内容をコピー、スクリーンショットや画像のご利用も、該当記事へ「出典」としてリンクを張っていただければ問題ございません。あなたのサイト運営のお役に立てれば幸いです♪