【ウェダーのソール剥がれ】市販の接着剤では補修困難!失敗して危険な思いをする前に

シマノウェダーフェルトソール
わんだまん
3年使ったウェダーのフェルトソールが剥がれたんだけど、簡単に補修する方法ある?
 
みらどり
…(・з・)ない。
わんだまん
Σ(゚Д゚;エーッ!…汗💦までかいて完璧な前フリをしてあげたのに、ソコは話を広げるトコでしょ!
みらどり
ゴメンゴメンゞ(≧ε≦*)、簡単な方法なんて無いからつい本音が笑。イロイロなサイトで補修方法が紹介されているけど、剥がれた原因や補修環境が違うから安易に接着しても失敗する方が多いと思うよ。
わんだまん
あ、そうなの?んじゃ、この記事読んでも失敗するのね?!
みらどり
( ˙˘˙  )ソーソー成功率50%って所かな…っておいっ苦笑!一応製造メーカー4社に問い合わせをして、個人で出来る補修方法を詳しく教えて貰ったからもう少し成功率は上がるハズ…💦。また、調べていくうちに、そもそもソールが剥がれないウェダーに辿り着いたから次買う時の参考になると思うよ♪
わんだまん
( ´_ゝ`)フ-ンヘ‐…んじゃさっそく本題へどうぞ!

プロでも困難なPVCへの接着

一般的なウェダーのPVCブーツ画像
一般的なウェダーのPVCブーツ画像。PVCにフェルトを接着剤のみで張り付けてあります(縫ってあるようにも見えますが、ただの飾りです)。

シマノ・ダイワ・阪神素地・双進(リバレイ)…。

ウェダーメーカー各社に問い合わせをしてわかった事は、そもそもPVCとフェルトの接着は相性が悪いと言うこと。

なんでもPVCは製造上混ざりモノが入りやすく、時間の経過とともにソレが接着面に出てきてソール剥がれの原因となるそうです。

もちろん、メーカーが製造する際にはソレらを考慮して数年は持つようにしっかりと接着するのですが、剥がれたソールの補修は個人では難しいとおっしゃっておりました。

市販の接着剤はフェルト同士を張る事が前提

ダイワ スーパーフェルトボンドⅡ
ダイワ スーパーフェルトボンドⅡの裏書き。

ちなみにダイワさんや阪神素地さんからは、「スーパーフェルトボンドⅡ」や「フェルト交換用接着剤」なるモノが販売されております。

しかし、コレはあくまで擦り減った古いフェルトがPVCブーツに残っている場合の接着剤です。

つまりフェルト同士を接着するボンドであり、フェルトが本体(PVCブーツ底)から剥がれた場合は接着難易度は爆上がり!

フェルト交換用接着剤やスーパーフェルトボンドⅡの注意書きにも、

PVC製品のフェルト張替にはご使用になれません

…とか、

フェルトは剥がさずに重ね張りしてください

…とあるので、注意が必要です(ウェダー本体のブーツ部分はほぼPVCです)。

擦り減ったソール交換なら可能

ソールが剥がれたのではなく擦り減ったソールの底を平らにし、フェルトソール同士を接着する事は可能です。

間違っても、ブーツ本体とフェルトの隙間にカッターを入れて古いフェルトを綺麗に除去しないようにして下さい。

メーカーにソール交換をお願いした場合は、古いフェルトを剥がして綺麗に交換してもらえますが、自分で補修する場合は、

剥がすな危険

…です!

ご注意下さいませ。

補修環境や技術が必要

ただし、この手の接着剤(ソール同士の接着が前提)でも補修が出来ないワケではなさそうです。

接着剤を塗った後、張り合わせる際のタイミング(外気温により差が出る)や、ソール底面のバフがけ方法(サンドペーパーやグラインダーで底面に残った糊を削り整える)など、ある程度の技術があれば市販のボンドでも十分接着可能との事。

それでも、数回の使用で剥がれて怪我をする危険があるのでメーカーは推奨していないと念を押されました。

フェルト交換するのに必要なコスト

実際、接着剤・サンドペーパー(グラインダー)・交換するフェルトなどを揃えると、一足分で概算3000円程度は掛かってしまうでしょう。

ソール剥がれが無く、擦り減ったソールと新品のソールを張り合わせるのも同等のコストは掛かります(ソールを平らにするのにグラインダーが必要なら+3000円)。

フェルトの厚さが十分残っており、剥がれたソールを張り合わせるだけなら接着剤とサンドペーパーで概ね1000円。

接着剤だけで済む場合を除き、失敗した時の事を考えると決して安くないと思います💦。

失敗談

ちなみに「みらどり」は過去に2度ほど剥がれたソールを接着した経験があります。

1度目は運良く、2年間ソールが剥がれずに使う事が出来ました。

しかし2度目は1回目と同じように補修し、完璧に付いたハズなのに

川に入って2時間

…で、片足のソールが剥がれて転びそうになった経験があります。

予備のウェダーなど持っていなかったので、その日は川に入れず岸をヨチヨチ歩きながら釣りをしたのを今でも覚えています。

フェルトの無くなったウェダーで、川の中を歩くと滑ることスベること!。

後悔、川に立てず  -᷄֊-᷅ )

…後悔先に立たず、ですね笑。

お粗末(´>∀<`)ゝ!

メーカーに修理出しした場合の費用

ダイワ・シマノ・阪神素地・双進(リバレイ)にフェルトソールの交換修理を依頼した場合、両足で6600〜7700円※(税込)が相場。
※2023年12月調べ

購入先の修理対応によって、別途送料を取られるお店もあるので+αといった所ですね。

GORE-TEXなど高価なウェダーであれば、メーカーに依頼しても高くないと思います。

3000円掛けて自分で補修し、見事に実釣2時間でソールが剥がれた「みらどり」からすると…

最初から修理に出せばよかった“(ー”ー;)

…デス。

経年劣化なら買い替えも視野に入れる

加水分解による経年劣化なら、ソールだけ補修しても内側の防水テープからいつ水漏れが起こっても不思議ではありません。

もともとウェダーの推奨使用期間は2〜3年(使用頻度とお手入れ・保管状況による)と言われています。

この期間を過ぎてソールが剥がれたなら、事故や水漏れなどの嫌な思いをする前に、買い替えも視野に入れると良いでしょう。

そもそもウェダーの購入金額が1万円以下なら、消耗品として使い捨てる方が賢明かもしれません。

剥がれた原因が保管方法ならボンドで接着

購入したばかりのウェダーが、数回の使用でソールが剥がれる事もあります。

この場合、原因はほとんど保管方法である事が多いようです。

使い終わったウェダーのフェルトソールはなかなか乾きません。

その濡れた状態で、高温多湿の場所に放置(夏場の車内等)すると、フェルトソールがペロッと剥がれると釣具屋さんに聞いた事があります。

日に当てて乾かせば紫外線劣化してしまうので陰干しが基本ですが、フェルトソール内部の水分にご注意下さい!

接着するならリバレイボンドがおすすめ

と、ソール剥がれの補修が難しい事がご理解いただけた上で、それでも自分で補修するなら接着剤はリバレイボンドをおすすめ致します。

双進(リバレイ)公式HPの商品説明の中に、

対象:ゴム、ナイロン、PVC、クロロプレン

…とPVCの記載があるので、安心してソールの張替えにもお使いいただけます。

別売のフェルトソール角切りなら、どのメーカーの靴底形状でもご自分でカットして張れ、人によっては1枚で2足分取れたという口コミも!

少し柔らかくソールの減りは早めですが、レーシングカーのタイヤのように【摩耗が早い≒グリップ力が高い】と同義です。

フェルトソールの接着剤に迷ったら、迷わずリバレイボンドを推奨します!

ソール用接着剤は数あれど、対象にPVCがあるのはコレだけだと思います♪類似成分の安価なボンドもありますが、ソール剥がれは事故に直結するので安心を買うならコレ一択!
交換用フェルトも各社ありますが、比較的加工がしやすくグリップ力が高いのが双進(SOSHIN) フェルトの特徴です♫

ソール交換のポイント

ウェダーメーカーである双進(リバレイ)さんの公式HPには、フェルトソールの交換方法が掲載されています。

プロが推奨する交換方法なので、コレを元にソール交換(接着)のポイントをまとめると次のようになります。

  • 用意するのはリバレイボンド・カッター・サンドペーパー(#60)・ガムテープ
  • 剥がれたブーツ底の糊をサンドペーパー・グラインダーで削り平らに整える(バフ掛け)
  • フェルトとブーツの底面にリバレイボンドを塗り完全乾燥させる(約6時間)
  • 再度リバレイボンドを塗り、半乾き(ベタベタした状態←タイミング大事)で接着
  • フェルト全体を圧着し、ガムテープで固定する
  • 1週間は乾燥期間をあけて完成!

ポイントは、最初にリバレイボンドを塗ったらそのまま6時間放置して乾燥させる事。

PVCとフェルトの接着が難しいので、一度ボンドを完全乾燥させ、ボンドとボンドを接着するイメージでしょうか?

詳しくは双進(リバレイ)公式HPをご参照下さいませ。

そもそも剥がれないウェダーは無いのか?

経年劣化だろうが保管方法が原因だろうと、釣りの最中に川の中でソールが剥がれるのはとても危険です。

接着にしても、マジックテープ式のソールにしても、ウェダーメーカーなら一度は過去になにかしらの事故(クレーム)を起こしているのではないでしょうか。

今回ソール剥がれについて各社に問い合わせをした際、そもそも万が一にもソールが剥がれない安全性の高いウェダーは無いものか質問してみました。

すると、シマノさんから素敵な回答が頂けたので最後にご紹介致します♪

ボンドがダメなら縫い付けちゃえばいいじゃない

シマノ ステッチダウン製法ウェダー
シマノ ウェダーのブーツ部分画像。

もちろん、ふわふわなフェルトに直接縫い付けることは出来ません。

そこで、PVCとフェルトの接着が困難なら、PVCとEVAを接着し、EVAとフェルトを接着。

そのEVAをPVCブーツに物理的に縫い付けてしまえば、万が一接着剤が剥がれてもフェルトはEVAに付いたまま(ステッチダウン製法)。

このような安全性の高いウェダーを発売しているのは、技術屋であるシマノさんです♪

自転車パーツで世界を制するシマノさんは、安全性に対する姿勢も世界レベルですね!

安全性を考慮して、PVCブーツとフェルトソールに縫製加工(縫い付け)を施したステッチダウン製法採用!コレにより、接着剤劣化による万が一のソール剥がれを無くす事に成功しました♪
¥12,660 (2024/02/25 20:02時点 | Amazon調べ)

ウェダーのソール剥がれの補修方法【まとめ】

 
みらどり
いかがでしたか?そもそも接着が難しいウェダーのフェルトソールが剥がれるのは必然。その補修やフェルト交換がボンド1本で簡単に出来るわけではないようですね。失敗して危険な思いをする前に、知っておいて欲しい情報をまとめてみました。
わんだまん
過去に失敗している人の言う事には説得力があるね笑!最後にペロッと剥がれないシマノのウェダーにたどり着くあたりは計算か?!
みらどり
いや、偶然です“(ー”ー;)💦。2020年には発売されていたようですが、まったく知りませんでした…。
わんだまん
安全第一!結局、フェルトソールが剥がれない事が正解だよね。フェルトは擦り減ってないから、とりあえず「リバレイボンド」で接着してみて、ダメならシマノのウェダーを検討してみよぉ♪

長く鮎・渓流釣りをしていると、ダレでも一度は経験する?ウェダーのソール剥がれ。

「補修をしてみた」という記事は多く見受けられますが、その後どうなったかはほとんど追記が無いようです。

馴染みの釣具店店長さん曰く、

毎年スーパーフェルトボンドは沢山売れるけど、接着に成功したと報告があるのはおおよそ2割程度だよ

…との事です。

販売時に難しいと説明はするそうですが、ボンド自体は1000円程度なのでみなさんチャレンジしてみるようです。

この記事を読んで、やってみようと思ったら「リバレイボンド」を使用し、ブーツの底をバフ掛けしてから1度目の接着剤は張り合わせずに完全乾燥、2度目の接着でガムテ固定して下さい。

  • 用意するのはリバレイボンド・カッター・サンドペーパー(#60)・ガムテープ
  • 剥がれたブーツ底の糊をサンドペーパー・グラインダーで削り平らに整える(バフ掛け)
  • フェルトとブーツの底面にリバレイボンドを塗り完全乾燥させる(約6時間)
  • 再度リバレイボンドを塗り、半乾き(ベタベタした状態←タイミング大事)で接着
  • フェルト全体を圧着し、ガムテープで固定する
  • 1週間は乾燥期間をあけて完成!
コレで成功率は80%に上がる!

…といいなぁ笑。

リバレイボンドを買うか、ボンドとフェルトを揃えるか、フェルトソールの剥がれないウェダーを検討するか…。

少しでもこの記事が参考になれば幸いです♪

最後までお付き合いいただき、ありがとうございました!
(:D)┓ペコリンチョ

当サイトはリンクフリーです

当サイトは管理人の許可なくリンクを張って頂いてもOKです。内容をコピー、スクリーンショットや画像のご利用も、該当記事へ「出典」としてリンクを張っていただければ問題ございません。あなたのサイト運営のお役に立てれば幸いです♪